読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

自分でアフターブーケ!ドライフラワーのガーランドを作ったよ

結婚式で使った、大切なウエディングブーケ

そのまま枯れさせて捨ててしまうのは、なんだかさみしい!

そこで、生花のブーケを思い出の品として保存しておくための"アフターブーケ"サービスというのがありまして。

ブーケを業者さんに託して、豪華な額入りの押し花アートにしてもらったり、箱入りのドライフラワーにしてもらったりできるというもの。

とても魅力的なサービスだったので注文しようと思ったのですが、

なんと!!!!

これが!!!!

すんーーーーごい高価!!!!

 

安くても30000円くらいから。

ブーケの雰囲気そのまま再現しようとするなら70000円くらいするものも……。

ブライダル業界恐ろしい……

 

やろうかどうか本当に迷ったのですが、やっぱり私には高過ぎると判断。

自力でドライフラワーにして残そう!!と思い立ちました。

 

ドライフラワーなぞやったことは一度もなかったので、ぶっつけ本番でしたけど、

コストほぼゼロでアフターブーケをいいかんじにすることができたので

やり方と成果をお見せします◎

 

やり方!

①帰宅したらすぐ、リボンや縛ってある紐をほどいて、お花を全部バラします。

 お花が弱る前に作業するのが重要!

f:id:sayakador:20170416183813j:plain

 

②お花を少量ずつ束にして、それぞれ紐でしばる。

 今回、バラと葉物は分けて束にしました。

 

③カーテンレールなどに丈夫な糸か紐をつなぐ。

 そこに間隔をあけて、花束を逆さにして結びつける。

 

これだけ!

お部屋にグリーンの香りが強烈に漂います……

f:id:sayakador:20170416183816j:plain

吊るしてみると、なかなかの存在感!

かなり幅をとりますけど、高いところにあるので、生活するうえでジャマだと感じることはほとんどありませんでした。

 

あとは触らず、うまくドライになってくれることを願いつつ待ちました。

 

1か月くらいで完成!

お花を吊るしてから、ちょうど1か月後の状態がこちら。

f:id:sayakador:20170416183824j:plain

……!!

ちゃんとドライフラワーになりました!

絶対に失敗できない大切なブーケだっただけに、本当に安心したーー!!

f:id:sayakador:20170416183830j:plain

白いバラは生成り色みたいになりましたけど、形はとどめているので良しとする。

f:id:sayakador:20170416183828j:plain

葉は、2週間くらいでパリパリのドライになってました。

厚みのある実ものも、形そのままの状態でドライになって大感激!

 

作ったらそのままインテリアの一部に

完全にドライになったお花は、またひとつにまとめてブーケにしようと考えていたのだけど、

吊るしている状態もかわいくて気に入ったので、そのままガーランドとして飾ったままにしてあります。

ナチュラルかつ華やかなのがイイ!!

 

f:id:sayakador:20170416183819j:plain

結婚式の日の幸せな思い出の品が、日常に溶け込んでいるのはとても嬉しい。

目に入るたび、ハッピーな気持ちになります◎

 

!ご注意!

自分でアフターブーケをやってみようと考えている方へ。

今回私がドライフラワー化に成功したのは、涼しい時期にやったことが大きいのではと考えています。

お花が傷みやすそうな時期は気を付けたほうがいいかも……。

ご自身でされる場合は自己責任で!不安ならプロに任せることをおすすめします◎

 

ロゼットクレンジングバームの使い心地が最高すぎる!

新しく使い始めたクレンジングがめっちゃめちゃ良いかんじなので紹介します!

 

f:id:sayakador:20170319185046j:plain

続きを読む

【今日の断捨離】クローゼットのときめきグッズ

こまごまとした雑貨類をふたつ処分しました。

 

かつて大好きだったバンドのライブグッズと、

これまた大好きだったキャラクターのぬいぐるみマスコット。

f:id:sayakador:20170318192656j:plain

このふたつは、どちらも本当に大好きでお気に入りの"ときめくモノ"でした。

そのため、生活していくうえで全く必要のない物ながら、断捨離を始めてからも、手放すことができず大切に残してきました。

 

f:id:sayakador:20170318192652j:plain

こんまり先生の片付け本の中に、ときめくけど使わないコレクショングッズはクローゼットの中に飾り付けて、いつでも眺められるようにしましょう♪

というようなことが提案されていまして。

それに従って、この雑貨たちはハンガーに引っ掛けて飾っていました。

お気に入りのモノを活用できて、けっこう満足してたんです◎

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

しかしそれから2年が過ぎ……

 

2年も同じものを飾り続けていると、飽きるんですねーー。

趣味も変わって、特にキャラクターグッズを飾っていることは子供っぽく感じるようになってしまいました。

大好きだったんだけどねー。

人は変わるものだ!

 

ためらうことなく処分できたのでした◎ 

 

最後まで使い切ってから処分するように

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

 

最近はこの本を読んでからモノの捨て方も考えるようになりまして、繊維製品は主に雑巾として使ってから、捨てるようにしています。

バンドグッズのリストバンドは、キッチンのシンクの掃除に使ってからポイしました。

モノを減らすことだけを考えるのではなく、最後まで活用しきる方法を考えるのも、シンプルライフの楽しみだなあと思ったりしています◎