読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

ミニマリストはお土産にうるさい

ミニマリズム

海外旅行に行っていた友達から、

お土産のポストカードを使った手紙が届きました。

おっしゃれー!

こういうの嬉しい。

f:id:sayakador:20150810220449j:plain

ミニマリスト思考に近づいて以来、

モノによっては、ありがたいはずのお土産が心苦しい場合が、時々あるんですよね。

そのモノを手にしたとき、まず、これは使うかなーとか、必要かなーとか、

考える癖がついてしまっているから、

必要ないとか好みじゃないって少しでも感じてしまうと、

処分する可能性を考えてしまって素直に喜べなくなることがある。

表面上はめっちゃ喜びながら。

冷たいなあ……とは、自分でもわかっているのだけど

頭のどこかでそんな考えがよぎってしまう。

(ちなみにいちばん多かった定番のお土産はマグネット。

いろんな国のを集めたら、それはそれでおしゃれな冷蔵庫ができそうではあるが。)

 

物を増やさないように気をつけるようになってから、

自分が人に選ぶお土産は、相手にもよるけど食べ物や消耗品が多くなりました。

どんな人にも気持ちよく受け取ってもらえるかなーと思って。

 

そんな考えに落ち着いていたときに、コレですよ。

旅行先のポストカード+手書きのメッセージ。

 

もちろん手紙も、いずれはさよならする時が来る可能性のあるモノだけれど、

モノとしては かさ張らずに管理しやすいし

何より、ひと手間かけて届けられた特別感から、大切にしたくなる。

お土産も、要は気持ちですね。

 

お土産にうるさい私が、もらって嬉しかったお土産の話でした◎