読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

結婚したすぎる28歳女、失恋する

昨夜、2年1か月付き合った彼と別れました。

お相手は年が近くて、知り合っていい雰囲気になった段階から、もういいかげんなお付き合いをする年齢でもないよねということで真剣交際である意思を確認しあって交際スタートしていました。

今年に入って間もなくこちらの親にも会ってもらってたんですが、その後2人で過ごす中で具体的な将来の話は、する気配がなく……

友達感覚のような、ただ遊んでるだけってかんじのデートや

中身のないLINEのやりとりが続く日々にいら立ち、

いつの間にか、好きなはずなのに、なんちゅう決断力のない男なんやというマイナスの感情が頭の中で膨れ上がってきていた。

このままこの草食系男子とお付き合いを続けたとして、私は幸せになれるのかなーと、不安にも陥る。

 

それでも待っていたらプロポーズしてくれるんじゃないかと、プレッシャーをかけないように我慢して待ち続けていたけど、

待っていても彼から結婚を切り出してくれることはないだろうと確信し

女の理想やプライドは放棄して、私から結婚の話を切り出すことを決断した。

プロポーズというかんじではなく、将来のことをいちど真剣に話し合おうと。

 

しっかり向かい合って、

結婚する気があるのか、するとしたらいつなのか、その意思確認。

お互い、これまで言わなかったけど思っていたことを、2年以上付き合ってきて初めて、本気で打ち明けた。

 

私は将来子供がほしいから、いつまでもダラダラと交際を続けることはできないし、

 早ければ年内にでも結婚に向けて動き出したい。

もちろんあなたの考えも聞いて尊重するけど、折り合いがつかないならお別れすると、覚悟を決めて告げました。

 

それに対して彼は、さんざん言葉に詰まって悩んだ様子の後、

結婚願望はあるけど、仕事や経済的な問題や自分の中のタイミングとして前向きになれないといった理由から、

いまは結婚するつもりはない、するとしてもいつになるかわからない、と言います。

 

真剣に話をするにあたって、私は心のどこかで、両想いなんやからこれをキッカケに結婚に向けて良い方向に動き出せるだろうと期待していたのが正直な気持ちなんやけど、

現実は、そう上手くはいかなかったーー!!

どうにか折り合いをつけることはできないか、一緒に頑張っていこうじゃないかと話をしたけれど、結局、お互いの考えが譲れなくて決裂。

 

別れ話をしてからまだ13時間くらいしか経ってないのだけど、

言いたいことは言い尽くしてスッキリしたし、

相手の話を「この人自分のことしか考えてないんや……」としか受け取れず完全に冷めてしまったことでわりと落ち着いてる。

ブログのネタにしてるくらい落ち着いている。苦笑

強引に攻めすぎたことはわかってるけど止められなかったし、

将来のことを考えたら、やっぱり別れを決断できて良かったと思えてきた◎

 

しかし私が結婚願望の強い28才であることは、変わらない。

しっかり反省して、次の恋を求めねば。

反省点
  • 交際中に不安に思っていることや夢や希望があれば、自分の中だけに留めずその都度話してお互いの内面をわかりあったほうがよい。
  • 相手にストレスを感じだしたら、交際を続けるか早めに判断したほうが、後々ダメージが少ない。
  • どれだけ価値観が合って優しい人でも、お金の問題があると現実的にキビシイ。
  • 結婚はタイミング、といわれるのはマジ。
  • 相手に期待して待ってるだけではだめ。

 

最後に、煮え切らない彼と話し合うことを思い立つきっかけになった本を紹介します。

"交際中の彼の見切りどき"

"出産のタイムリミットと「産活」時代"

"「住む場所」が仕事と育児を左右する"

などなど、女の人生におけるリアルな問題が、数字や多くの実例を出して具体的にアドバイスされています。

将来のことがなんとなく不安な女性にとって、こういう本は読むと道しるべになってくれますね。

 

「婚・産・職」女の決めどき

「婚・産・職」女の決めどき

 

 

まさかブログにこんなプライベートな話をすることになろうとは……

あまり読み返したくない記事やな!