読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

捨てたい欲が強すぎて自分がこわかった。ミニマムの先にあるもの

ミニマリズム

今日は大型ごみの持ち込みに行ってきました。

先月から行き始めて、これで3回目。

空いた衣装ケースや使わなくなったラグ、カラーボックスなどの大物を思い切って処分して、部屋だけでなく押し入れの中までかなりスッキリしました。

これで、部屋を見わたして不要だと思うモノは、もうほとんどありません。

いよいよ捨て尽くしてしまった感があります。

 

およそ3年前にベストセラー"人生がときめく片づけの魔法"を読んで片付けのやり方を知ってハマり、

その後"わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります"で紹介されているすっきりとしたシンプルなインテリアに憧れ、絶大に影響を受けて断捨離を実行してきて、ついに私もミニマムな部屋を実現しました。

 

でも、達成感や喜びといったプラスの感情が、なぜか持てない。

むしろ不安や後ろめたさのようなものを感じているんです。

 

こんまり先生の片付け本の内容を実践している頃はまだ良かったんですが、捨てることが止まらなくなって家具や家電まで処分しだすようになってから、家族には、家族の共用の物まで捨てられてしまうんじゃないかという不安を与えてしまったり(私は自分の持ち物以外には手をつけません)、

「あんたの部屋、なんにもないやんか。それで幸せなんか?」という言葉をかけられてむなしさを感じたりして、自分でも、ここまで物を捨てまくることは正しいことなんだろうか……ミニマリストなんていう言葉はただの流行で、洗脳みたいなものなんじゃないか……などと、ときどき考えるようになっていました。

 

さらにこの不安な気持ちの原因の追い打ちになっているのは、この先結婚することがあったとして、そのときパートナーとうまく折り合いをつけることができるか、なんとなく自信が持てないことです。

私の彼はミニマリストでもシンプリストでもないふつうの人です。

幸い、私の片付け好きをだいたい理解してくれているけど、自分の気持ちばかり押し付けるようなことはしたくないし、彼にストレスを与えてしまうようなことがあるなら捨てたい病でいるわけにはいかないよね。

ほどほどにならないと。

 

大型ごみの搬入をした帰りに本屋さんに寄ってぷらぷらしていたら、ふとインテリア雑誌に目がとまりました。

ぱらぱら見ていると、おしゃれな家具や雑貨をセンスよく配置したインテリアの写真の数々にときめいた。

ほんとは、好きなものに囲まれたインテリアも素敵だなとは思う。

殺風景になってしまった私の部屋、これは心から望んでいたものなのかなあ?

必要なものを厳選し、不要なものを徹底的にそぎ落としたいまの生活には、もちろん満足している。

以前より倹約できるようになったし、いつでも人を呼べる清潔さを維持できるようにもなって、自分の部屋は過去最高に好き。

でも、これからはただシンプルなだけじゃなく、シンプルをベースにしつつ自分だけの色をプラスしたときめく暮らしを求めていったほうが、もっともっと心から楽しめるような気がしています◎

ひたすら捨てることにこだわり続けるのは、もうおしまいにしよう。

断捨離は引き続きやっていくけど、ここからは新しいものや感覚を取り入れる柔軟さも大切にして日々をエンジョイしてゆきます。イェイ!