読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

《断捨離ネタ》冷静に捨てる。保留BOXをつくってみた

ミニマリストになりたいと思っていると、身のまわりのものを常に必要か・そうでないかと考えるようになって、捨てることが止まらなくなったりする。

私はもう捨てることに慣れ過ぎて、いただき物や家具でさえ思いついたら勢いで捨てたりしてしまうレベルなので、不必要なものは完璧に排除したいと考えてしまうほどです。

それでも、思い出の品や、まだ使えるけれど売れないようなものは、捨てるかどうか迷うことが時々あります。

勢いで捨てちゃって後悔したことも、少ないですがあるので、モノによってはパッと決めずに考える時間をとってもいいんじゃないかと、考えを落ち着かせました。

 

そこで、処分するかどうかゆっくり判断するために、不要と思われるモノを入れておく保留BOXをつくることに。

1か月ほど前にこの試みを始めて、今のところ保留BOXに入れたものを取り出して使う機会は一度もなかったので、入れたモノが不要であることが実感できて冷静な判断で処分することができそうです◎

 

いま保留ボックスに入っているのは、

  • 旅先で買ったけど、あんまり着けなくなったアクセサリー
  • 手芸の材料(作るかわからない)
  • 映画館の有料3Dメガネ
  • 卒アル

など。使わないけど悩ましいのよ……

 

長辺が40センチくらいあるプラスチック製のカゴにざくざく物が入っているので、これらをまとめてドーン!と捨てる快感を味わいたい衝動に駆られることもありますが冷静に!笑

特に思い出の品は、捨てたら本当にもう取り戻せないので、納得いくまで悩んでOKとします◎

 

 このシリーズはマンガと写真で素敵な暮らしがつづられているので、シンプルな暮らしがどういうものなのかハッキリとイメージしやすいのよね。

ここまで捨てきれたら気持ちいいだろうなあと憧れます。

めっちゃ大ファンです。2巻がいちばん好き。