あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

ノロケあり、リアル恋話。つきあって1か月の純情な感情

毎日、毎日、好きな人のことばかり考えて日々が過ぎてゆく。

彼とのお付き合いが始まって1か月が経ちました。

恋が始まったばかりの、舞い上がるような強烈なドキドキ感や、本当に私のことを好きでいてくれるのかな?っていう不安がボチボチ落ち着いてきて、付き合ってる実感みたいなものが感じられるようになってきました。

 

彼のことは出会ってすぐに好き!!って意識が燃え上がってしまったので、電話するたび・会うたびに少しづつその人のことを知っていく面白さのある1か月でもありました。

新たな一面を知るほどに、どんどん深く惹かれていく。

だんだんとリアルな本性も見えてきつつ、でもそれを素直に受け入れてこれたから相性はいいかも……この人ならやっていけそうやなーっていう安心感を持てたというか。

持てなかったら終わらせてたからね。笑

最初の1か月って楽しい半面、お試し期間みたいなとこありますやん。

 

電話やLINEの頻度とか、週に何回くらい会えばちょうどいい距離感でいられるかとか、どんなデートのスタイルなのかとか、つかめないことが多くていちいち考えたり、悩んだり、相手の出方をうかがったり、そういう"今だけ"の初々しさは楽しかったなー。

まあ電話も会うのも遠慮することないんやろうけど、ウザがられたくなくて。

私ばっかり好きなんじゃないの?って考えてしまうのよ。純情やから。

付き合い始めで燃え上がっているのは、彼もきっと同じはずなのにね。

ともあれ、さぐりさぐり2人のルールを作っていくかんじは良い!

 

30歳代目前で焦って婚活をしていたはずなのに、いつの間にやら脇道にそれてめっちゃピュアな恋愛をしているわけですが、後悔はしていなくて。

自分がもともと恋愛体質なこともあって、むしろ私らしいなと思ってる。

出会いが婚活サービスじゃないだけに、この先真剣になることがあるのならお互いに理解し合わないといけないことがいろいろ出てくるんだろうとは思うけど、それでも、今の私にとって彼のことが好きだという気持ちは止めようもないほど強いものだから、"きっと大丈夫、うまくいく"って信じて関係を育てていこうと前向きに考えてる。

純粋に人を好きになることほど、幸せなことはないのだから!

 

大好きな彼を想うこの日々が、楽しくて仕方ない。

ずーっとこのときめく気持ちを忘れずに持ち続けていけたらいいな。