あそび心をプラスする

おしゃれミニマリストを目指して捨てたもの、買ったもの

結婚を前提としたお付き合いって、普通の付き合いとどう違うの?

恋愛に少しの進展があったので浮かれております。

付き合って4か月目に入った彼の口から、ついに結婚というワードが発せられました。

その流れで、結婚を前提としたお付き合いをしましょうということに……!

これまで、私があまりにも露骨に結婚したいオーラを出しまくって急かしていたことに、とうとう彼が折れたのか。

それとも、本当に心からそういう気持ちになってくれたのかは、わからないけれど。

(後者であってほしいなー!)

絶対この人と結ばれたい!と思ってきたから、それが現実に近付いたことがとにかく素直に嬉しくて、浮かれているのだよ。

恋人以上婚約者未満の関係に昇格したと思ってよろしいか!

 

ただし、まだまだ調子に乗ってはいけない。

プロポーズとかではなくて、ざっくりとした意思表示をしてくれたに過ぎないからね。

でも、2人の間の空気が明らかに変わったのを感じているから、これを機に動き出さなければタイミングを逃してしまいそうな気もしてる。

 

そこで本題に入ります。

「結婚を前提としたお付き合いをしましょう」と宣言をした場合、普通のお付き合いと何が変わるのでしょうか。

それとも何も変わらないのか。

 

いままでのお付き合いは、デートといえば普通に行きたいところへ遊びに行って、カジュアルなお店でごはん食べて、部屋でゴロゴロして。

電話やラインも、日常のたわいもない話をするくらいだったけれど。

これからは、一歩進んだ話をしてもいいのかな?

たとえばいつからどこで同居を始めるのかとか、式をどうするのかとか、そういう具体的な話ね。

ゼクシィ買ってきて一緒に読んだりとか?

うーん……。

それはまだ抵抗感が大きいか。

必死感が出過ぎるだろ。

あまりこっちから押さず、足並みを揃えて自然な流れで話を進めていくのが理想だけど、深い話を切り出すのは勇気が要る。

もう少しお互いの気持ちをオープンにできるようになるまで、今までどおりの気楽なお付き合いをしていればいいのかな。

でもでもそれでは前に進まないし……!

悩ましいこと、この上なし。